瑕疵担保責任について

不動産を売却した後のトラブルやクレームの対応に対して、本来でしたら売却した側は、売買契約が終っているので責任はないのですが、瑕疵担保責任によって対応しなければいけなくなっております。その為、瑕疵担保責任はしっかりと確認しておく必要があります。

そもそもこの瑕疵担保責任がどのような物なのかというと、戸建て住宅やマンションなど売買した不動産の形態に関わらず売買契約の目的物に、購入した段階ではわからなかった、隠れたていた不具合があった場合には、売り主が買い主に対して修理などの対応を負ったり、契約解除や損害賠償などの責任を取る事が義務付けられている法律です。これは、民法の民法570条にしっかりと記載されております。

民法の570条では、不動産を売却した側の責任として、不動産を売却した側にたとえ故意や過失が無かったとしても、不具合に対しての責任を負わなければならない無過失責任が定められており、不動産の購入者は、購入後に見つかった不具合を理由に、不動産を売却した人に対して損害賠償請求を行ったり、契約の解除をする事が出来るようになっております。この瑕疵担保責任が適応される期間は、不動産の購入者が不具合を発見した日から1年以内と決められております。その為、不動産を売却した直後から、クレームやトラブルの情報を受ける事になります。