家を売る際にはその後の事も視野に入れて

家を売る時には家を売った後の事も考えなければいけません。
家を売った後に様々なトラブルやクレームなどの対応に四苦八苦するケースがあり、特に築年数が経っている不動産の売却には注意が必要になります。
不動産を売却した後のトラブルやクレームの大半が、設備関係に関する物となっております。
中には住環境に関するものも無くはありませんが、大半が設備関係に集中しておりおます。

特にクレームが多いのが水回り関係です。
蛇口から出る水の量が一般家庭よりも少ないというクレームであったり、お風呂の追い炊き機能が使えなくなったというクレームであったり、洗面台から水漏れして床が傷んでいるなどとにかく様々なクレームが寄せられます。どんなに綺麗にしていたとしても設備の数だけトラブルやクレームのがあると考えるのが自然です。

基本的には、不動産の売却が終った段階で、不動産を売却した方に責任はないのですが、一般的な不動産の売買には、瑕疵担保責任と呼ばれるものがあり、この瑕疵担保責任によって、不動産を売却した側も例外的に責任を負わなければいけないケースがあるのです。もちろん一般的な不動産の売買であれば、瑕疵担保責任などを使わなくてもトラブルやクレームに発展するケースは稀ですので心配する事はありませんが、瑕疵担保責任によって責任を負う可能性があるのを知っておく必要があると言う事です。

そこでこちらのページでは、瑕疵担保責任がどのような内容なのかという情報に加え、トラブルやクレームが起こらないようにするためにはどうすれば良いのかなどの情報を合わせてご紹介させて頂きます。